yamory の使い方

yamory へようこそ! yamory の基礎知識と使い方をご紹介します。

アプリライブラリの脆弱性情報を取得する

リクエスト

GET /v1/app-vulns/{id}
パス タイプ 必須 内容
id string true 脆弱性ID

リクエスト例

curl -XGET https://yamoryapi.yamory.io/v1/app-vulns/{id} \
-H 'Accept: application/json' \
-H 'AUTHORIZATION: token xxxxxxxxxxxxxxxxx'

レスポンス

{
  "id" : "string",
  "triageLevel" : "string",
  "status" : "string",
  "vulnTypes" : "string",
  "teamName" : "string",
  "projectGroupKey" : "string",
  "projectName" : "string",
  "packageName" : "string",
  "openSystem" : "boolean",
  "hasPoc" : "boolean",
  "referenceId" : "string",
  "solution" : "string",
  "fixPolicy" : "string",
  "scanTimestamp" : "string",
  "openTimestamp" : "string",
  "fixStartTimestamp" : "string",
  "closedTimestamp" : "string",
  "yamoryVuln" : "string",
}
ステータスコード 内容
200 リクエストが正常に処理されたことを示します。取得件数が0件の場合もこのステータスコードが返却されます。
400 不正なリクエストです。リクエストヘッダまたはリクエストボディに問題がある場合に返却されます。
401 認証エラーです。 Authorization ヘッダが指定されていないか、指定された情報での認証が失敗した場合に返却されます。
404 URL で指定したリソースが存在しない場合に返却されます。
500 サーバー内部でエラーが発生した場合に返却されます。