yamory の使い方

yamory へようこそ! yamory の基礎知識と使い方をご紹介します。

ライセンス管理と β 版の制限事項・注意事項について

本機能は、有償プランからのご提供となります。

yamory ではライセンス管理機能を β 版として試験的にご提供しています。

yamory ではスキャンしたプロジェクトが依存しているオープンソースの依存関係とその脆弱性を検出しています。
ライセンス管理機能では、さらにそれらの依存オープンソースのライセンスと、コピーレフトなどのライセンスリスクを検出します。

ぜひご利用いただき、忌憚のないご意見・フィードバックを募集しています。

ライセンスを検出する

依存しているオープンソースのライセンスを検出するには、対象のプロジェクトのスキャンを行います。
スキャン方法については、yamory の基本操作をご参照ください。

ライセンスを確認する

サイドメニューの「ソフトウェアライセンス」より、どのオープンソースがどのライセンスを保有しているかを確認することができます。

<ソフトウェアライセンス>

ライセンスリスクを確認する

  • コピーレフト:該当ソフトウェアはコピーレフトのライセンスを持っています
  • ライセンス未検知:該当ソフトウェアはライセンスを持っていません

β 版の制限事項や注意事項について

ライセンス管理機能は現在 β 版として試験的にご提供をしています。
β 版では特に、下記の制限事項や注意事項があります。

検出時間

事前のライセンスデータを十分にご用意していないため、初回スキャン時はライセンス情報の反映に時間が掛かる場合がございます。

サポートしているパッケージ管理システム

現在、β 版でライセンスの検出をサポートしているパッケージは以下になります。

  • NuGet(C# 等の .NET 言語)
  • RubyGems (Bundler)