yamory の使い方

yamory へようこそ! yamory の基礎知識と使い方をご紹介します。

win-scan

win-scan コマンドついて、以下に記します。

概要

win-scan コマンドは yamory-cli をインストールしたローカルホストのスキャンを行ないます。

win-scan コマンドはスキャンを行う際に、コマンドフラグ及び設定ファイルの内容で動作を決定します。
設定ファイルはコマンドフラグ --config により指定できます。指定がない場合、カレントディレクトリ直下に config.yaml が存在すれば読み込みます。

また、スキャンにはアクセストークンが必要です。
アクセストークンは、チーム設定画面より発行できます。
発行手順などはこちらを参照してください。

アクセストークンは、コマンドフラグ、または設定ファイルで指定できます。
両方指定された場合の優先順位は以下の通りとなり、設定ファイルの設定が無視されます。

  • コマンドフラグ(--token) > 設定ファイル(token 項目)

コマンドフラグ

フラグ 説明
--config 設定ファイルの場所 (省略時は ./config.yaml )
--token/-T ホストスキャンのアクセストークン

設定ファイル

設定ファイルは yaml 形式で記述します。直下に tokenhosts キーを記述できます。

キー 必須 説明
token 文字列 ホストスキャンのアクセストークン
hosts 配列 スキャン対象の情報

hosts

スキャン対象のホストの情報です。下記のキーを記述できます。

キー 必須 説明
title 文字列 yamory サービス上表示されるスキャン対象の名前。省略した場合、Windows で設定されているコンピューター名になります
winUpdateType 文字列 更新プログラムの取得先を指定します。Windows Update を使用する場合は WU、WSUS を使用する場合は WSUS を指定します (省略時は WU)
openSystem 文字列 公開ホストの設定を true または false で指定

openSystem パラメーターについて

公開ホスト(外部ネットワークからパブリックアクセスが可能なホスト)として使用するかを指定することができます。
公開ホストの場合は true、非公開ホストの場合は false を指定します。
openSystem が未指定の場合、前回スキャン情報があればその状態を引き継ぎ、初回スキャン時は公開ホストとして登録されます。
本パラメータはトリアージレベルの計算に使用されます。

設定ファイル例

token: xxxxx
hosts:
  - title: "windows-server"
    winUpdateType: "WU"
    openSystem: true