IT システムの脆弱性をオールインワンで管理可能

  • ライブラリ / フレームワーク、ミドルウェア / OS の脆弱性を一限管理 ライブラリ / フレームワーク、ミドルウェア / OS の脆弱性を一限管理

    ライブラリ / フレームワーク、ミドルウェア / OS の脆弱性を一限管理

    • 国産でオールインワンは yamory だけ。IT システムで利用されるソフトウェアの脆弱性をyamory のみで検知、管理できるため、複数のツールを横断する必要がありません。
  • 組織を横断した脆弱性対応状況を可視化 組織を横断した脆弱性対応状況を可視化

    組織を横断した脆弱性対応状況を可視化

    • チームやプロジェクトごとの脆弱性リスク数、脆弱性対応状況の推移をダッシュボードで確認することができます。
    • 組織内の資産を横断的に検索できるため、各チームが保有している資産の把握や、脆弱性の影響範囲の把握ができ、開発現場のメンバーと柔軟に連携することができます。
  • 脆弱性対応の業務フローを yamory で構築 脆弱性対応の業務フローを yamory で構築

    脆弱性対応の業務フローを yamory で構築

    • スキャンした瞬間から脆弱性対応の業務フローが構築されます。
    • 資産の把握、リスクの解析、脆弱性の対応優先度付け、ステータス設定、脆弱性の発生通知などの業務フローを手間なく構築。
    • さらに組織にあわせた脆弱性の対応優先度付けもできるため、環境に合わせたカスタマイズも可能です。
  • セキュリティアナリストがメンテナンスする脆弱性データベース セキュリティアナリストがメンテナンスする脆弱性データベース

    セキュリティアナリストがメンテナンスする脆弱性データベース

    • yamory で利用される脆弱性データベースは、専属のセキュリティアナリストが分析、評価した情報で構成されています。
    • より正確で安全な脆弱性データベースの品質管理に力を入れています。
  • オートトリアージ機能 ※ で 脆弱性の優先度を自動で判断、調査工数を削減 オートトリアージ機能 ※ で 脆弱性の優先度を自動で判断、調査工数を削減

    オートトリアージ機能 ※ で脆弱性の優先度を自動で判断、調査工数を削減

    • アプリレイヤ、ミドルウェアレイヤ共に、脆弱性の対応優先度を自動で判断する「オートトリアージ機能」を搭載しています。
    • 対応優先度は、CVSS の Base Metrics だけでなく、外部からのアクセスや、攻撃用コードの流通の有無も加味し決定します。
    • ※ オートトリアージ機能は特許を取得しています(特許番号:6678798)
  • ライセンス管理にまつわるリスクも可視化 ライセンス管理にまつわるリスクも可視化

    ライセンス管理にまつわるリスクも可視化

    • 商用での利用が困難な AGPL ライセンスや、配布時にソースコードの公開義務が発生するライセンス、リーバースエンジニアリングの許可などが発生する GPL 系ライセンスなどを可視化します。
    • 依存関係上の混入箇所も可視化し、修正を支援します。

情報漏洩対策なら yamory
IT システムをスキャンし脆弱性を把握しましょう

お気軽にお問い合わせください。
担当者よりご連絡いたします。